ケノンとルメアを比較!@どっちがいいの?

ケノンとルメア

今、コロナの影響もあり、脱毛サロンに行くよりも家庭用脱毛器で脱毛する人が増えています。

 

その家庭用脱毛器の中でも人気なのが、ケノンとルメアです。

 

あなたは今、ケノンとルメアのどっちを買おうか迷っていませんか?

 

家庭用脱毛器にも1万円ちょっとで買えるものから、高いものですと10万円以上するものまで様々ですが、ケノンとルメア(プレステージ)は約7万円と比較的高額な商品になります。

 

これだけ高額な商品を買うのですから、買ったあと後悔だけはしたくないですよね!

 

そこでこのサイトでは、ケノンとルメアを徹底比較してみましたので、あなたの家庭用脱毛器購入の役に立てたらうれしいです。

 

ズバリ、買って後悔しないのはコレ!

 

詳しくは後でお話ししますが、結論を先にお話ししますね。

 

ケノンとルメア、比較検討した結果買って後悔しないのはズバリ「ケノン」です。

 

理由についてはいくつかあるのですが、分かりやすいように表にまとめましたのでそちらを見てください。

 

ケノンがお得に買える!

 

\ケノンの公式サイトはコチラ/

 

↓↓↓

ケノン公式

 

ケノンとルメアの比較表

 

ケノンとルメアの特徴を比較表にまとめてみました。

 

他には無い機能や優れている機能は黄色にハイライトしました。

 

単純に黄色のハイライトが多いものが、より優れていることになります。

 

【ケノン・ルメアの比較表】

チェックポイント ケノン

ルメア
プレステージ

ルメア
アドバンスド

ルメア
エセンシャル

説明補足
脱毛効果
照射時の痛み ヒリヒリしやすい ヒリヒリしやすい ヒリヒリしやすい
照射可能部位

全身
(目の周り、デリケート部分を除く)

全身
(目の周り、デリケート部分、男性のひげを除く)

全身
(目の周り、デリケート部分、男性のひげを除く)

全身
(目の周り、デリケート部分、男性のひげを除く)

美顔機能
眉毛・鼻毛脱毛機能 ※ケノンのまゆ毛脱毛機能は、本体付属のバージョンを選ぶ必要あり
連続ショット機能

自動で照射を繰り返してくれる機能

連射機能

1回の光のパワーを分散して照射することで肌への負担を減らす

スキンセンサー 脱毛したい部位の肌色に合わせた照射レベルを自動設定してくれる
肌色センサー 肌の色が濃すぎると照射をストップ
電気チャージ時間 2−3秒 約1.5秒 約1.5秒 約1.5秒

照射後次の照射までに必要な時間

アタッチメント 各部位の形状にあったアタッチメント付属(からだ用/顔用/ワキ用/ビキニエリア用) 顔用/からだ用/ビキニエリア用/アタッチメントが付属 ルメアはアタッチメントで部位によって使い分ける
カートリッジ 5種類(スーパープレミアム/エクストララージ/ラージ/髭用/スキンケア用 ケノンは脱毛部位・目的に合わせてカートリッジを交換

照射可能回数
(最大レベル)

50万発 25万発 25万発 20万発
照射面積 最大9.25平方センチ 3.0平方センチ 3.0平方センチ 3.0平方センチ ルメアはアタッチメントの開口部面積による
器械寿命 半永久 25万発で使い捨て 25万発で使い捨て 20万発で使い捨て

ケノンはカートリッジを交換すれば半永久的に使える

騒音対策

重量
(実際に持つ部分)

ハンドピースは約120g(全体は1.6キロ)

約495g(からだ用アタッチメント装着時・電源アダプタ含まず)

約362g(からだ用アタッチメント取付時)

約220g(本体部分のみ) 軽い方が作業が楽
電源ケーブル あり あり コードレス(充電) あり

充電タイプは充電池のヘタリ、寿命が気になる

開発/製造国 日本/日本 オランダ/ハンガリー オランダ/ハンガリー オランダ/イスラエル
会社の実績 脱毛器を日本で販売して約20年 脱毛器を販売して約5年
価格(税込) 69,800円 69,850円ぐらい 56,000円ぐらい 35,000円ぐらい ケノンはメーカー直営のネット通販のみで価格は同じ。ルメアは店舗販売もしているので、販売店によって異なる

ルメアシリーズ

ケノンがおすすめの理由とは?

 

ケノンのライバルになるのはルメアの中では価格的にも「プレステージ」になりますが、ケノンにはルメアには無い特徴がいくつもあります。

 

@美顔・スキンケア機能

スキンケアカートリッジ

A眉毛・鼻毛脱毛機能

まゆ毛脱毛用ピンセット

Bヒゲ専用の強力なカートリッジがあり、男性のひげ脱毛ができる(ルメアは脱毛可能部位に入っていない)

ストロングカートリッジ

 

C肌に優しく脱毛効果も高い「連射機能」

 

 

また、下記の通り多くの点でルメアを上回っています。

 

@脱毛効果

 

Aバルブ(ランプ)の照射可能回数

ケノン照射可能回数

 

B照射面積

エキストララージカートリッジ

 

Cハンドピースの重量が軽く脱毛作業が楽

ケノンハンドピース

 

Dカートリッジを交換すれば、器械が故障しない限り半永久的に使えるので、コスパが高い

 

E家庭用脱毛器の取扱い実績

 

ケノン歴史

 

 

会社としては、ルメアのフィリップスの方が大きく有名ですが、日本人の肌のことを良く知り、過去の国内販売の実績から得たノウハウを商品開発に活かしたケノンには一日の長があります。

 

各チェックポイントについての更に詳しい説明はこの後にありますので、是非ご確認下さい。

 

ケノンがお得に買える!

 

\ケノンの公式サイトはコチラ/

 

↓↓↓

ケノン公式

 

 

予算が少ない人にはルメア・エッセンシャルもあり!

 

ルメアエッセンシャル

 

予算がない人は、ルメアのエントリーモデル「エッセンシャル」を選ぶのもありだとは思います。

 

何しろ予算はケノンの約半分ですみますし、照射可能回数が20万回と上位機種より5万回ほど少ないとは言え、これだけあればランプの寿命の15年間は使えます。

 

女性で一人でしか使う予定がない、美顔・スキンケアには興味がない、脱毛にそんなにお金を使いたくないという人には、ルメア・エッセンシャルでもいいかもしれませんね!

 

ただ、ケノンには低金利の独自ローンもありますので、できれば分割払いでもケノンを買った方が後々の満足度は高いと思います。

 

ケノンとルメアの特徴を詳しくチェック!

ここでは、ケノンとルメアの特徴について詳しく紹介しています。

 

最初の表と併せて確認いただくと、より分かりやすいかと思います。

 

@本体一体型か分離型か

 

外観で分かるように、ケノンは本体とハンドピース(照射部)が分離したタイプで、ルメアは本体と照射部が一緒になった一体型です。

 

これによって、使い勝手が変わってきます。

 

ケノンは本体重量が1.6キロと重いのですが、実際手に持つハンドピースは120グラムと携帯電話と同じぐらい軽いです。

 

一方、ルメアはプレステージが538グラム、アドバンスが360グラム、エッセンシャルが206グラムと約2倍から5倍ほど重くなっています。

 

脱毛の作業には思ったより時間がかかるものです。

 

重いと腕が疲れてきますすので、できるだけ軽い方が使いやすいです。

 

また取り回しもハンドピース部が小さい方が体の各部位に当てやすいので、この点ではケノンの方が使いやすいですね。

 

ケノンハンドピース

 

携帯したい人はルメアがおすすめ

 

何らかの理由で家庭用脱毛器を持ち運ぶ機会の多い人は、ルメアがおすすめです。

 

脱毛は自宅でやって持ち運ぶことがない人はケノンでも問題ありませんが、さすがに重量も重くかさばるケノンは持ち運びには適しません。

 

A脱毛効果

 

ケノンもルメアも同じ光脱毛ですが、ケノンの方が光の出力は高いです。

 

脱毛力は基本的に光の強さによりますので、より強い光を照射できるケノンの方がルメアより脱毛効果は高いと言えます。

 

出力(パワー)を決めるのは、電気をためてそれを光として出す「コンデンサー」という部品によるのですが、ケノンには日立グループの会社と独占契約で開発された日本製の高性能コンデンサーが4つも使われています。

 

一方、ルメアはデータがないのですが、おそらく一体型の小さいボディーに入れられるコンデンサーの数は、1個だと推測されます。

 

本体分離型のケノンはコンデンサーが4つ入っており、ルメアより光は強力で脱毛効果も高いです。

 

ケノン_コンデンサー

B美顔機能

 

ケノンには脱毛以外に美顔・スキンケア機能が標準装備として付いています。

 

しかもおまけというレベルではなく、「フォトフェイシャル」という最新美容技術と原理は同じもの。

 

これが脱毛器を買うと標準で一緒に付いてきます。

 

中にはケノンを脱毛器としてではなく、美顔器として買う人もいるぐらいで、楽天の美顔器部門でも第1位を獲得するほどの本格的なものです。

 

使い方は簡単で、ハンドピース先端のカートリッジを脱毛用からスキンケア用(標準装備)に取り換えるだけです。

 

脱毛には直接関係しないものの、同じ器械で美顔もできてしまうのですから、正に一石二鳥!

 

女性で美顔・スキンケアに興味のない人は少ないかと思いますので、使わない手はないかと思います。

 

ケノン_美顔

 

Cまゆ毛・鼻毛脱毛

 

眉毛・鼻毛脱毛機能もケノンにはあって、ルメアにはない機能です。

 

目の周りのフラッシュ照射は、ケノンもルメアも禁じていますが、ケノンの眉毛脱毛はフラッシュではなく、専用ピンセットに電流を流して1本1本脱毛するため、問題ありません。

 

ケノン_まゆ毛

 

D照射スピード

 

光脱毛器は1回照射すると次の照射のために電気をチャージする必要があるため、少し待ち時間が発生します。

 

この待ち時間が短いほどサクサク脱毛作業を進めることができるわけです。

 

このチャージ時間は、照射パワーを上げるほど長くなります。

 

ケノンは最大レベル10だと、2〜3秒程度時間がかかります。

 

ただ、実際には照射後は肌を冷やす時間が必要ですので、照射→冷却→照射というサイクルに組み込めば、それほど気にはなりません。

 

一方、ルメアは約1.5秒と、ケノンの約半分のチャージ時間ですので、ケノンよりはサクサク作業が進められます。

 

これは、ルメアのコンデンサー全体の容量がケノンより小さいので、当然と言えば当然ですね。

 

ケノンも照射パワーのレベルをルメアと同程度に抑えれば、もっとチャージ時間は短縮できます。

 

<<スピード脱毛には照射面積も重要!>>

 

脱毛を効率よく進めるには、照射スピードも重要ですが、ランプ(カートリッジ)照射面積も重要です。

 

例えば照射面積が2倍あれば、同じ面積を照射する時間は半分で済みます。

 

ケノンに標準装備される「スーパープレミアム」カートリッジの照射面積は7平方センチ、さらに広いエクストララージカートリッジは9.25平方センチもあります。

 

一方、ルメアの照射面積は3平方センチと、ケノンの3分の1から半分以下となっています。

 

同じ面積を照射するのに、ケノンが1回で済むところをルメアは2回〜3回照射することになりますので、時間も2倍から3倍かかることになります。

 

ケノン照射面積

 

E連射機能

 

光のパワーは、1回単発で照射するのが1番強いのですが、肌が敏感な人は痛みを感じたり負担が大きい場合があります。

 

そこで1回のパワーを「パッパッパッ」と高速で分割することで肌の負担を減らしながら効果を上げるのが連射機能です。

 

ケノンには6連射と3連射の連射機能が付いていますが、ルメアには付いていません。

 

ケノン連射機能

 

連射機能と似た機能に、肌に照射口を密着させていれば自動で照射してくれる機能があります。

 

1回1回スイッチを押さなくても自動で照射、器械を移動させるだけでOKなのでとても便利!

 

この機能は、ケノン、ルメア両方についています。

 

F実績

 

ケノンを製造・販売しているアロエイト株式会社(エムロックグループ)は、日本国内で家庭用脱毛器を取り扱っている会社の中でも老舗です。

 

まだ家庭用脱毛器が今のように一般的になる前の2005年から、海外から家庭用脱毛器を輸入して国内販売を開始しました。

 

2012年からそれまで蓄積した顧客の声や家庭用脱毛器のノウハウをもとに、家庭用脱毛器ケノンを自社開発し国内で販売を始めました。

 

輸入製品は外国人の肌や肌色を元に製品開発を行っているため、肌の色の違う黄色人種の日本人にはどうしても合わない部分があります。

 

ケノンは日本人が日本人のために開発しているので、使い勝手から肌の色まで日本人に合っているので、安心です。

 

ケノンの歴史

 

一方、フィリップスはオランダの企業で、CMでは電気髭剃り器が有名ですね。

 

生活用品、ホームケアなど健康関連器械分野の世界的なリーディングカンパニーですので、品質については安心しても大丈夫でしょう。

 

ルメアも家庭用脱毛器としては世界で一番売れている商品です。(フィリップス社調べ)

 

最初の商品は5年ほど前に発売されていますが、20年近い家庭用脱毛器取り扱いの経験がある会社のケノンと比較すると歴史はまだ浅いです。

 

メインのユーザートは欧米のため、出力設定では日本人は最高5レベル中3−4レベルまでと、日本人向けに開発されたケノンとは違います。

 

欧米人は日本人より肌が白いので、最強のレベル5を日本人が使うと肌を痛めてしまう可能性があります。

 

G開発・製造国

 

ケノンは、開発も製造も日本国内で行われています。

 

ケノンの会社、エムロックは以前海外から家庭用脱毛器を輸入販売していたのですが、その品質や対応について問題を感じ、その解決策として日本人向けにケノンの自社開発・製造に切り替えました。

 

同時に、アメリアではFDA(日本の厚労省に当たる省庁)の認可も取得しています。

 

ケノンの製造工場は長野にあり、世界的品質基準ISO9001の認証工場で製造されています。

 

重要部品であるカートリッジのレンズはHOYA、コンデンサーは日立グループの会社と独占契約を結び、品質についても安心できます。

 

ケノンHOYAフィルター

 

ルメアは、オランダの世界的企業、フィリップスが開発し、製造はプレステージ・アドバンスがハンガリー、エッセンシャルはイスラエルで製造されています。

 

ケノンは日本国内だけで販売されていますが、ルメアは世界各国で販売されています。

 

Hコスパ

 

ケノンは、楽天やアマゾンなど限られたネット通販のみで販売されており、販売価格についてはメーカーが完全にコントロールしています。

 

販売価格は、キャンペーンによって商品構成が多少変わることがありますが、税込69,800円で統一されています。

 

ルメアは、ネット及び家電量販店でも販売されていて、価格はその店よって多少上下があります。

 

最上位機種のプレステージが7万円弱とケノンとほぼ同じ、中位機種のアドバンスが50,000円〜57,000円、エントリー機種のエッセンシャルが30,000円〜36,000円となっています。

 

ケノンと同価格帯のルメア・プレステージを比較すると、コスパでは迷うことなくケノンに軍配が上がります。

 

 

<<機械の寿命・ルメアは使い捨て>>

 

ケノンもルメアも照射部分のカートリッジには寿命があります。

 

ケノンの標準でついているスーパープレミアムカートリッジは、最高300万発、最大レベル10で使った場合でも50万発まで使えます。

 

これは全身を約1,200回分使える計算になります。

 

これなら、カートリッジを追加で買わなくても大丈夫ですね!

 

ケノンカートリッジ照射回数

 

一方、ルメアのカートリッジですが、付属で付いてくる3種類のカートリッジ(体用、顔用、ビキニライン用)すべてが25万発まで照射できるのですが、器械として25万発まで照射するとルメア自体が使えなくなる仕様になっています。

 

つまり25万発照射したら、器械は使い捨てになってしまうわけです。

 

ケノンは、カートリッジさえ交換すれば器械が壊れなければ半永久的に使えるのに対して、ルメアは使い捨てになってしまうということです。

 

 

以上、見てきたように、携帯したいなど、どうしても一体型ハンディータイプが必要な人以外は、今まで見てきたようにケノンが脱毛効果はじめほぼすべての点でルメアを上回っています。

 

ケノンがお得に買える!

 

\ケノンの公式サイトはコチラ/

 

↓↓↓

ケノン公式

 

ケノン、ルメア、おすすめなのはこんな人!

ここまで、ケノンとレノアの特徴や違いなど比較してきましたが、それぞれどんな人におすすめでしょうか?

 

ここではそれぞれの脱毛器がどんな人におすすめなのか紹介していますので、自分はどちらが合ってるのか参考にしてください。

 

 

ケノンはこんな人におすすめ!

 

  • 今まで違う家庭用脱毛器を使っていたが、効果が期待外れだった。
  • 剛毛な人。
  • 美顔・スキンケアも本格的やりたい。
  • まゆ毛や鼻毛も脱毛したい。
  • 自分だけでなく、家族やパートナーなど複数人で使いたい。
  • 他の人と照射部を一緒に使いたくない。
  • ヒゲ脱毛したい男性。

 

 

ルメアはこんな人におすすめ!

 

  • 脱毛効果の高さより、とにかく安い家庭用脱毛器が欲しい!(エッセンシャル)
  • それほど剛毛じゃない。
  • 実物を見てから買いたい!
  • 自分しか使わない。
  • ヒゲ脱毛はしない。
  • 有名企業の商品を買いたい!

 

あなたは、どちらですか?

 

ケノンがお得に買える!

 

\ケノンの公式サイトはコチラ/

 

↓↓↓

ケノン公式

ケノンとルメアってどんな脱毛器?−光脱毛とは?

ここまでケノンとルメアの特徴を見てきましたが、ここではそもそもケノンとルメアはどんな脱毛器なのか、紹介しています。

 

ケノンとルメアは光(フラッシュ)脱毛器

 

家庭用脱毛器には、レーザーを照射して脱毛する「レーザー脱毛器」と、IPLという特殊な光を照射して脱毛する「光(フラッシュ)脱毛器」の大きく2種類あります。

 

光脱毛器は、ほとんどの脱毛サロンでも使われています。

 

光脱毛器は、レーザー脱毛器と比べて照射面積が広く脱毛スピードが速い、光照射時の痛みが少ないなどのメリットがあり、家庭用脱毛器の多くが「光脱毛器」です。

 

ケノンとルメアも同じ「光脱毛器」になります。

 

光脱毛

 

 

光脱毛とは?

 

では光を照射することでなぜ脱毛効果があるのでしょうか?

 

光(フラッシュ)はキセノンランプという特殊なランプから照射され、特殊なフィルターを通すことで特定の波長の光だけを取り出します。

 

その光が肌に照射されると濃い色の部分、すなわち体毛に吸収されて、光は熱エネルギーに変わります。

 

その熱エネルギーで毛の根元にある毛根細胞を変性させ、毛の生成を抑制するというのが「光脱毛」になります。

 

この光脱毛の技術は、エステや脱毛サロンでも採用されていて、医学的にも脱毛・抑毛効果は確認されているものです。

 

光脱毛原理

 

ケノンがお得に買える!

 

\ケノンの公式サイトはコチラ/

 

↓↓↓

ケノン公式